転職すると非正規雇用で働くことになる

夫の給料が、年齢を重ねるごとにアップし、定年まで同じ職場で働けて、たくさんの退職金をもらって、老後を生活する、というようなことが当たり前だった時代では、妻が働いた収入が低くても、クビを切られることも、大きく問題視されたことはありませんでした。

しかし、現在は、不況の煽りを受け、夫が長年勤務している会社にずっと勤められる保障がなくなり、給与も上がるどころか下がってしまったりする時代です。

妻の収入が家計で大きな割合を占める家庭も少なくありません。これでは、妻がクビになることはもちろん、あまりに低賃金での労働となれば、生活が破綻してしまうことも考えられます。

再就職を希望する女性の大半が、パートを中心とする、派遣社員や契約社員などの、正社員以外の雇用として働いているのが現状です。労働条件がとても良い、と言えるわけではありません。

賃金の低さはもちろん、期間が決められた雇用なので、人員削減などの会社都合の際に、すぐに解雇の対象になってしまうというリスクも高いです。

さらに、子どもが小さいうちに働きに出た主婦にとって、次の子どもを産みたいと考えたときに、育児休業がとれなかったりなど、退職を余儀なくされることが多いようです。退職してしまえば、有職者優先の保育所利用ができなくなるという、悪い連鎖が起きてしまいます。

妻の収入が、家計に不可欠な状況であるならば、パートだから雇用条件が悪くても仕方が無い、という一昔前の考え方はもう通用しないのです。

正社員にこだわるならしごと情報ネット

会社を一度でも離れてしまうと特に正社員での転職は難しくなります。以前よりも条件が悪い会社で働くことになるでしょう。しかし、人よりも優れている才能があれば話は大きく変わります。しごと情報ネットを確認すれば、きっとお分かり頂けることでしょう。専門職の求人が他よりも多く掲載されていることに驚くのではないでしょうか。

希望している職種に絞って仕事探しをすることは基本です。新卒時代の就職活動を思い出して初心に戻ることも時には必要なのかも知れません。失敗が許されない年齢になってきている人は、しごと情報ネットを隅々までチェックして気になる企業を見つけたら直ぐに応募するようにしてください。